What is Semantris and How To Play It

english
google
semantris

#1

4月13日に Talk to Books と一緒にリリースされた、Semantris。機械学習を利用した語彙ゲームです。こちらのページでは、Semantrisが何で、どう遊ぶかをシェアします。

  • What is Semantris?
  • How to play it?
    • Arcade
    • Blocks
  • 入力するデータの使用用途

What is Semantris?

Engagetでの説明

ブラウザゲームの「Semantris」は、単語やフレーズを入力すると、画面上にある全ての単語が類似性や反義語といった「関連の深さ」でランク付けされ、並び替えられます。「Camera」に他の単語よりも縁深い「Photo」を入力すれば「Camera」が最下段に移動し、下4つの「近い」単語はまとめて消滅。

Semantrisは4月13日に、Talk to Books、と一緒に紹介されたゲームです。Talk to BooksとSemantrisはグーグルの「Semantic Experiences」の一部として進んでいる研究の成果物です。

上記のサイトでは、Semantrisについて、こう説明しています。

Semantris is a word association game powered by machine learning, where you type out words associated with a given prompt.

そして、関連性につきましては同意語や反義語も可能だとしています。

similarity, opposites and neighboring concepts are all fair-game using this semantic model

Natural language understanding has evolved substantially in the past few years, in part due to the development of word vectors that enable algorithms to learn about the relationships between words, based on examples of actual language usage. These vector models map semantically similar phrases to nearby points based on equivalence, similarity or relatedness of ideas and language. Last year, we used hierarchical vector models of language to make improvements to Smart Reply for Gmail. More recently, we’ve been exploring other applications of these methods.

Today, we are proud to share Semantic Experiences, a website showing two examples of how these new capabilities can drive applications that weren’t possible before. Talk to Books is an entirely new way to explore books by starting at the sentence level, rather than the author or topic level. Semantris is a word association game powered by machine learning, where you type out words associated with a given prompt. We have also published “Universal Sentence Encoder”, which describes the models used for these examples in more detail. Lastly, we’ve provided a pretrained semantic TensorFlow module for the community to experiment with their own sentence and phrase encoding.

How to Play it?

Semantrisには二つのプレイオプションがあります。

  • Arcade
  • Blocks

ゲームはBlocksモードで色んな組み合わせを試してから、Arcadeモードにチャレンジするのもいいと思います :wink:

Arcade

Arcadeモードのプレイ方法はいたって簡単!画面でハイライトされている単語を見て最初に思い浮かぶ単語を入力するだけ。システムによって関連があると判断されれば、スコアをゲット。

ゲームが進みますと、語彙のレベルも上がってやスピードも早くなりますので、2000を超えるのも簡単ではありません。

Give great clues multiple times in a row to earn a streak bonus that clears the whole list!

関連度が高い単語を連続入力しますと、Streak Bonus、がかかり、全てのリストをクリアすることも出来ます。

3930ポイントをとった時の様子です。

単語の例

関連性はいくつのカテゴリーで考えられます。例えば、

  • examples
    • fruit: orange
    • dairy: milk
  • categories
    • orange: fruit
  • synonyms
    • ocean: sea
  • antonyms
    • cold: hot
  • conversation(次に来る単語)
    • paper: cut(paper cutは、紙で切った傷)
    • big bang: theory
  • action
    • milk: drink
    • train: ride
  • slang
    • 思いついたら追加します

意外な関連性で当たる単語もあります。

  • frozen: elsa
  • frozen: disney
  • furniture: ikea
  • doctor: who(←おそらくテレビドラマの、Doctor Whoから来ているかと)

連想する単語は複数でも大丈夫です。例えば、

  • flood = heavy rain
  • frozen = ice cream
  • energy = solar power

他に何か面白い発見がありましたら、こちらのツイートで教えてください。

Blocks

Blocksモードは後程アップデートする予定です。

入力するデータの使用用途

Semantrisで入力するデータの使用用途を気にされている意見も多く聞きます。こちらのサイトによりますと、データはゲームプレイ以外では使われていないようです。

The point of it isn’t to collect data—we’re not training models with the words people enter or selling it to anyone. This is just a demo to show how far AI has advanced in terms of understanding natural language.


ここからは、ちょいみらいのコマーシャル :star_struck:です。

多読チャレンジ

Semantrisでは、該当単語を見て連想する単語を素早く見つける力が重要です。その力を鍛えるには多読がベストな方法です。ちょいみらいでは1年前からアメリカの小中高校の70%が採用しているNewsela Proを採用した多読プログラムを提供しています。

多読チャレンジでは自分のレベルに合う(アメリカの小2から高3まで)素材で楽しく読解力を鍛えられます。

6か月間の多読チャレンジで、是非英語力のブレイクスルー :rocket: を体験してみてください。

あなただけの究極の発音コーチ:ELSA

「ELSA」(English Language Speech Assistantの頭文字)は英語の発音、それもアメリカンアクセントをトレーニングするアプリです。発音は、英語学習で日本人が最も苦手とするところです。文法や単語の知識は豊富なのに、音として発することに、どうにも抵抗があるという人も多い。そんな英語難民を助けてくれるのが、アメリカのシリコンバレーで開発された「ELSA」。発音に特化した、新感覚の英語学習アプリです。

ELSAの日本語サポート開始を報じるプレスリリース