グーグルマップで作る道路情報

how-to

#1


東広島市が道路情報をグーグルマップ版で開示しています。他の自治体でも構築して仕組みを共有してほしいというコメントもありましたので、作り方をシェアさせていただきます。

目次

  1. 地図をコピー
  2. レイヤーの追加
  3. データの取り込み
    • 位置情報の設定
    • マーカーの設定
  4. マーカーのグルーピング
  5. 地図の共有
  6. 番外編
    • 道路データの修正
    • 地図モードの切り替え

地図をコピー

image


メニューを選択し、『Copy map』を選択してください。


image


新しく作成する地図の名前を入力し、『OK』を押下します。


image

レイヤーの追加

『Add layer』で新しいレイヤーを追加します。


データの取り込み

『Import』ボタンで道路情報を取り込みます。



ファイルはパソコンからアップロードすることも出来ますし、Google Drive から取り込むことも出来ます。今回のデモではグーグルドライブからインポートします。



取り込むファイルの例


image

位置情報の設定

ファイルの取り込みが終わりますと、位置情報を選択するようポップアップが表示されます。


image


今回の場合は、経度(Longitude)と緯度(Latitude)を位置情報として取り込みます。

マーカーの設定

image


マーカーのタイトルとして使うコラムを選択します。

下記の図で、左側に表示されている《全面通行止め》《復旧》などがマーカーです。



右にあるバケツのアイコンをクリックしますと、マーカーのアイコンを変えられます。


image


必要に応じて適切な色やアイコンを選んでください。


image

マーカーのグルーピング

『Individual styles』をクリックしますと、マーカーをグルーピング出来ます。


image


『Group places by』の Individual styles をクリックし、


image


【状態】を選択します。


image


これで地図作成は完了です :+1: :clap: :clap: :clap:

地図の共有

地図の作成が終わりましたら、次は情報を世界と共有しましょう。

プレビュー

シェアするレイヤーだけを残して『Preview』を押下します。


image


プレビューで問題がなければ、いよいよ公開です。


共有

プレビューで確認が終わりましたら、『Share』をクリックします。


image


地図の共有設定ははデフォルトで『Private』になっています。


image


上記画面で『Change』をクリックしますと、この設定を変更できます。


image


『On - Public on the web』か『On - Anyone with the link』のいずれかを選択し、『Save』ボタンで設定を保存します。


image


共有情報の変更が終わりましたら、『Link to share』のリンクを共有してください。

東広島市のウェブサイトでもこのリンクをシェアしています。


デモ用に作ったマップへのリンクです。

https://drive.google.com/open?id=1jWKLoN7cnP6dX_EtImv0F1diJApG_ZIP&usp=sharing

番外編

道路データの修正

レイヤーのメニューを選択しますと、いくつかのオプションが表示されます。


image


メニューの中から『Open data table』を選択します。


image


すると、変更可能なデータテーブルが現れます。

:rotating_light: データを修正する必要があれば、こちらで直接修正するより、新しいレイヤーを追加することをお勧めします。 :rotating_light:


地図モードの切り替え

グーグルマップでは航空写真モードへ切り替えることが出来ます。



左下にあるイメージをクリックしますと、航空写真モードへ切り替わります。