Overview of Listenwise

listening
listenwise

#1

多読チャレンジの参加者から、似たようなサービスがリスニング用にもあってほしいという要望がありました。いくつかのサービスを確認したのですが、あいにく皆さんにオススメ出来るサービスはなかったです。そんな最中、目に留まったのが、Listenwiseです。

What is Listenwise?

「Listenwise」はNPRなどのPodcastやラジオ番組をキュレートし、先生がクラス(アメリカの小5から高3)で利用できるリスニング素材を提供しているサービスです。

Listenwiseの実績

Listenwiseはコンテンツと技術面で両方とも優れた実績を誇っています。

What contents does Listenwise offer?

素材は4つの領域に分かれています。

  • Current Events:最新の話題を平日毎日更新
  • ELA:アメリカの英語クラス用の素材(ELAは、English Language Artsの略)
  • Science:科学やIT関連
  • Social Studies:社会的な出来事

4つを合わせて、選択できるStoryの数は1400以上🎧。

For whom is Listenwise made?

Listenwiseがターゲットとしているユーザーはアメリカの小学校5年生から高校3年生までです。通常リスニングのレベルはリーディングより2~3年上と言われていますので、現在のリーディングレベルがGrade4(小学校4年生)以上の学習者にオススメです。

Features of Listenwise

Listenwiseの機能は大きく2つに分けられます。クラスに参加すれば利用可能な基本的な機能と、先生がストーリーをクラスにアサインする時、選択できる付加機能。

基本的な機能

学生はクラスに参加しますと、基本的に1400のストーリーから好きな話を選択出来ます。

ストーリーを選択しますと、Podcast・ラジオが画面に出て、その下にスクリプトが表示されています。プレイボタンをクリックしますと、読まれている箇所がハイライトされます。スクリプトの特定の単語をクリックしますと、その場所から再生がスタートします。内容をもう一度聞く時や、発音を確認する時便利です。

再生

単語を選択して再生

アサインする時の付加機能

先生がストーリーをアサインする時、どんな課題をアサインするかによって、付加機能は異なります。ストーリーを聞いた後、クイズ(4択)に答える場合もあれば、記述式の課題に自分の意見を述べるアサインメントもあります。中には、聴いたフレーズをチェックする課題もあります。

ストーリーをアサインする時は、関連しているマテリアルをシェアする場合もありますので、話の内容をもっと詳しく調べる時に参考にしてください。

最後に

国際リスニング学会によりますと人の学びは85%がリスニングからくるといわれています。MITの授業などがオンラインで受講できるようになっていても、英語のリスニングが出来ないと、クラスに参加することは厳しいです。

この度、「ちょいみらい」では、Listenwiseを活用したリスニングプログラムを提供することになりましたので、是非ご検討ください。